お部屋探しの悩み編

お部屋探しの流れって?

初めての一人暮らしは不安なことがいっぱい!でも、手順さえ把握すればなんてことがないです!
流れを把握して、無駄なく賢くお部屋を探そう!

部屋探し開始!
1.お部屋の条件を決める!
両親などと相談して部屋の設備や家賃の目安を決めよう!
2.お部屋をリサーチ!
パソコンや携帯を使って、1で決めた条件で探そう!

行動開始!
1.不動産会社へ行く
インターネットや雑誌で電話、またはメールで簡単お問合わせをして、場所を調べて向かおう!
2.お部屋の下見する
お部屋の周辺やインターネットや雑誌でチェック出来ないところを隈なくCHECK!!
3.契約成立
お部屋が決まって、次は契約!初めての手続きで何がなんだかわからないことばかり!後で困らないためにも、わからないことは質問しよう!

準備開始!
1.引越しの準備をする
予定を立てて一人暮らしをするために必要なものを揃えよう!

2.ガス、電気、水道の手続きをしよう
ライフラインの確保!これがないと生活が出来ないです!
インターネットで調べたり、不動産会社の方に申し込み方法を聞いて引越し2~3週間前までには済ませよう!

引越し開始!
1.新生活スタート!
最初は不安でいっぱいかもしれないですが、引越しした荷物を開けて自分の部屋を作っていこう!

さらに詳しくはこちら http://www.chintai.net/oyakudachi/manual/index.html

上へ戻る

初の費用はどれくらいかかる?

お部屋契約時の初期費用について、家賃の約6ヶ月分が必要と言われています。
敷金2ヶ月、礼金2ヶ月、仲介手数料1.08ヶ月、入居する月の前家賃1ヶ月の計約6ヶ月分です。
ただ、敷金礼金などはお部屋によっては1ヶ月またはなしであったり、礼金や仲介手数料が不要な場合もあります。
この他には、引越し費用や、家具家電など生活用品をそろえる費用もあるので忘れずに!
敷金(保証金)2ヶ月分+礼金(敷引)2ヶ月分+仲介料1.08ヶ月分+前家賃1ヶ月分=家賃の約6ヶ月分

上へ戻る

設備の条件ランキング!

バス・トイレ別61.8% 2階以上51.9% 室内洗濯機設置上46.8% エアコン35.0% フローリング26.1% 駐車場付23.8% 南向き20.3% ベランダ付20.1% 敷/礼3ヶ月以内11.6% オートロック11.5% お部屋探しでこだわり条件をアンケートしたところ、
1位 「バス・トイレ別」 2位 「2階以上」 3位 「室内洗濯機置き場」 となりました。
便利設備や付加価値設備などではなく、基本的な生活に関わる設備や条件にこだわる人が多いようです。

上へ戻る

間取りの違いってどうなの?

ワンルーム
1部屋にキッチンと居室が一緒になっているタイプ。
仕切りがないから広々スペース。料理をしながらTVを見ることが出来たり、掃除が楽だったりと1つの空間にまとまっているだけに生活が楽!家具などの配置を工夫して生活空間を作るといいかもしれませんね。
ただ、来客時に玄関から部屋が丸見えになったり。料理後はにおいが部屋の中に。。。

1K(キッチン)
居室とキッチンが仕切られているタイプ。
部屋が玄関から丸見えにならない。生活空間を分けることが出来ます。
キッチンをうまく工夫すれば居室を広く使えます。 学生さんはだいたいこの間取りが人気のようです!

1DK(ダイニングとキッチン)
1Kにプラスしてキッチンにダイニングスペースがあるタイプや活用スペースが広々しているのがメリットです。
キッチンに冷蔵庫や、食器棚を置くスペースがあったり、収納が多いのがメリットです。
DK部分が広いので食事をしたり収納家具を増やしたり使い方色々!

1LDK(リビングとダイニングとキッチン)
1DKタイプにさらにプラス1部屋のタイプ。
普段はLDKのスペースで生活をし、寝るときや勉強のときにプライベートスペースとして生活スタイルを切り分けて生活を送ることが可能です。
やや家賃が高くなりますが、部屋に友達を呼んで食事したり、家具や身の回りの物が多い人はオススメです!

上へ戻る

アパートとマンションの違い

【マンション】造り:鉄筋コンクリート造等耐火構造の3階建以上 メリット:断熱性、防音性に優れる デメリット:アパートと比べ家賃が高め、結露が発生し易い。【アパート】造り:木造/軽量鉄骨造等 準耐火構造の2階建程度 メリット:家賃も安め デメリット:マンションと比べて断熱性・防音性が劣る マンションやアパートという、名称での規定はないのです。
一般的なパターンでこれらを説明すると、マンションでも「築年数が古くて設備がよくない部屋」、アパートでも「デザイナーズアパートなど高級感がある部屋」などあるので明確な判断ができないのが実際のところです。

上へ戻る

学生生活の悩み編

学生の1ケ月の生活費はこれだけ

家賃・光熱費45% 食費24% 日常費16% サークル費など13% 通学費など2% 一人暮らしの学生の1ヶ月あたりの平均生活費

およそ全国の一人暮らしする学生の生活費の平均は10万円前後です。
学生の主な収入源としては、親からの仕送りが66% 、アルバイトが16%、奨学金4%、その他4%です。

上へ戻る

簡単に出来ちゃう節約の方法

食費編
・食材を買うときは気持は主婦になりましょう!まとめ買いや、特売日に買いに行くなど、一人暮らしをする前に両親から学びましょう! ・最近はファーストフードのお店で安く食べることが出来ます。けれども栄養バランスはしっかり摂ろう! ・学生の味方の学食でご飯を食べることも手です。
学校の食堂は価格も安いしバリエーションもあるので是非、利用しましょう!

交際費編
・飲み会を減らしてホームパーティ!大学生になると飲み会の機会が増えます。1回1回が生活費に大ダメージです!
そんな時は友達を部屋に呼んで、食材を持ち寄って作って食べたりすると楽しいし、何より安く済みます!
ただし、騒ぐのもほどほどに!

光熱費編
・エアコンの設定温度に気をつけよう!1℃で電気代10%カットされるんです!
オススメ設定温度は冷房は28℃、暖房は20℃♪
エアコンは定期的に掃除することでも電気代を抑えられます。
・電気はこまめに消しましょう!トイレの消し忘れ、冷蔵庫の開けっ放しは禁物です!
光熱費を節約することは地球の資源を節約することになります。CO2の排出量も減って、エコ生活♪

上へ戻る

初めての一人暮らしの健康管理

掃除の基本は毎日コツコツとしよう!
清潔で健康な生活維持には、掃除が不可欠!
曜日や空き時間によって掃除する場所を決めて、お掃除便利グッズなどを活用して掃除してみましょう!
あの黒く光るあの生物が出ないためにも掃除は肝心です!

衣服の清潔にも気を配りましょう。
一人暮らしでは生活が不規則になりがちです。
洗濯物は溜めてしまいがちですが、せめて2日に1度は洗濯機を回しましょう!
干すところもなるべく日光のあたる窓際で干しましょう!

お風呂でリラックス
ユニットバスだったりするとシャワーだけで済ましてしまうという人もいますが、お風呂でリラックスをして入ることで疲れのとれ方がだいぶ違います。
入浴剤やアロマオイルを入れたりで、読書や音楽を聴きながら入るのもよいでしょう♪
※のぼせないように注意!

上へ戻る




ABLE & PARTNERS